【留学節約術】おトクな携帯プランって??

こんにちは

こうたです。夏休み真っただ中で遊びも勉強も楽しんでいます。

さて、今回は留学節約術第二弾!

第一弾では学費振込の手数料を徹底的に切り詰めました。
この記事では毎月かかる携帯料金について、友達とも話題になったので紹介しようと思います。

アメリカの携帯プラン

アメリカの携帯プランは日本と少し異なり、プランを比較するときはTalk, Text, Dataの3つの項目と月々の料金を見ます。

TalkとDataは日本でも馴染みがある通話料とデータ通信料ですが、TextはSMS料金にあたります。日本ではSMSを受信するだけで料金がかかってしまいますが、アメリカの携帯プランでは何通までは無料などになっています。

日本では、iモードから始まったキャリアメールが今でも盛んでSMSはなかなか見ませんが、アメリカではキャリアメールが無く、SMSを使う世界です。

電話番号だけが分かれば電話もでき、メッセージも送れるSMSの方が簡単ですよね(笑)

それにしても、20年ほど前に日本は独自のiモードを生み出したのにも関わらず、現在はアメリカの企業にIT関連は全て持っていかれてしまっているのは何故でしょう・・・

友達を集めてシェアプラン?

アメリカだと留学生同士でAT&TやSprintのファミリープランに入ってしまうという手もあります。データを普段から使いたいという人にはお得なプランだと思います。

大手キャリアの5人用ファミリープランだと、データ無制限で月40ドルほどからあるようです。

もっと安いプランは?

アメリカの大学に留学している人の中にも、全然データは使わないよ!っていう人もいると思います。

僕も学期中は全くデータを使わず、休み期間に旅行した時にデータを使うぐらいです。

それでもアメリカの電話番号を持っていると何かと役に立つので、安いプランを探したところMVNOのプリペイドプランに落ち着きました。

MVNOは日本で言われる格安SIMです。大手キャリアの通信網を借りて使用するため、料金を抑えることができます。

多数あるMVNOの中でも、僕はH2O Wirelessの$10プリペイドプランに落ち着きました。

H2O Wireless - Affordable Plans, International Calling, Nationwide LTE Coverage. Unlimited Data, Talk and Text Plans starting as low as with No Contract. Pa...

このプランは10ドルをチャージすると通話やテキスト、データの使用量に応じてチャージ分から引かれていく仕組みです。

1回のチャージは10ドルですが、クレジットカードを登録し、オートリチャージにすると1割引の9ドルで10ドル分のチャージができます。

僕はそれでも通話、テキスト、データを使わないので、$10プランの有効期限である90日ごとに9ドルのオートリチャージがかかっています。つまり、月々3ドルで携帯料金が済んでいます(笑)

しかも、チャージした分は繰り越しが効くようで、今は40ドル分のチャージが溜まっています。これなら少しぐらい旅行してもデータは足りそうです。

数年かけていろいろな携帯プランを試してみましたが、このプランが今までで最安です。こういうところで節約して、少しでも美味しいもの食べましょう(笑)

次回もお楽しみに~